自動運転を行う上での課題解決に向けた技術実証

2018年12月7日、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)、先進モビリティ株式会社(以下、先進モビリティ)、愛知製鋼株式会社(以下、愛知製鋼)、京セラ株式会社(以下、京セラ)、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)、日本信号株式会社(以下、日本信号)および日本電気株式会社(以下、NEC)は、JR東日本が主催するモビリティ変革コンソーシアムにおいて、「JR東日本管内のBRTにおけるバス自動運転の技術実証」(以下、同実証実験)を実施すると発表した。

同実証実験は、バスの自動運転を行う上での課題解決に向けたもので、JR東日本管内の大船渡線BRTの竹駒駅周辺(岩手県陸前高田市竹駒町)において、2018年12月12日~2019年3月8日の期間に実施する。なお、自動運転はBRT専用道で行い、それ以外の一般道ではドライバーが運転する

技術実証の概要

BRT専用道上に設置した機器(磁気マーカ)の情報を高感度磁気センサ(MIセンサ)で読み取り、自車位置を正確に特定することで、専用道上を円滑に走行する実験や、車両のアクセルとブレーキを自動制御し、BRT専用道上を最高40km/hで走行し、決められた位置でスムーズに停止する実験を行う。

また、磁気マーカの情報を読み取り、自動でBRT駅のホームに寄せて停止する正着制御実験や、車両の位置情報を無線でやりとりすることで、車両1台分の幅のBRT専用道を、自動運転バスと対向車両とが交互に通行するための実験を行う

さらに、QZSS(みちびき)などによる自動運転バス位置情報の測定実験や、無線機の電波到達距離の検証実験なども実施する。

なお、JR東日本は実証実験全体責任者としてBRT専用道、先進モビリティは自動運転車両・制御システム、愛知製鋼株式会社は磁気マーカの敷設・システム制御管理、京セラは通信用路側機の設置・信号灯の路車間通信管理、ソフトバンクはマルチGNSS 端末の車両設置・準天頂衛星の測位、日本信号は信号制御機や信号灯器の設置・管理、NECは目標走行軌跡作成等を分担する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

先進モビリティ ニュースリリース
http://www.as-mobi.com/news/jr.mobi-newsrelease.pdf