さまざまな決済手段に対応するうえで、コスト等が課題

2018年12月10日、株式会社NTTデータは、同社が提供するキャッシュレス決済総合プラットフォーム「CAFIS」(以下、同プラットフォーム)において、国内外の各種コード(一次元バーコード、QRコード)決済に、1台の決済端末または1つのインターフェースでマルチ対応できるソリューション(以下、同サービス)を、2019年春より提供すると発表した。

スマートフォンアプリを活用し、一次元バーコード・QRコードを用いて決済するサービスが国内外で次々と登場しているが、小売業者はそれらすべての決済手段に対応するうえでのコスト等が課題となっている。

一方、消費者の使用したい決済手段が対応していないことにより、購買意欲を阻害してしまうケースもあった。

マルチ対応を可能とするソリューションの概要

同サービスは、小売業者が使用している各種決済端末で、国内外のさまざまなコード決済に対応させるもので、小売業者は複数のコード決済をまとめて導入できる。

また、CAFISセンタ間接続・CAFIS Arch・CAFIS Pastel Port等の、同社の決済ソリューションを生かしたインターフェースやアプリケーションを提供することで、小売業者が既存のシステムインフラを活用しながら、より接続しやすいインターフェースやアプリケーションを選択できる。

このため、小売業者は、初期投資を極力抑えながら多様なコード決済に対応できるため、販売機会の損失を減少できる。

一方、消費者は、より多くの店舗で、より利便性の高い決済手段を選択して使えるようになり、インバウンド向けのコード決済では、消費者が自国で慣れ親しんだ決済手段を使えるようになる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NTTデータ ニュースリリース
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2018/121000.html