コストを抑え、迅速に輸送

2018年12月12日、合同会社DMM.com(以下、DMM)は、株式会社日立物流、佐川急便株式会社と共同で日立物流京浜物流センター(以下、同物流センター)内に、3D造形物の生産拠点(以下、同施設)を設置し運用を開始したと発表した。

DMM.make3Dプリントサービス(以下、同サービス)では、3Dデータを造形して自分だけの3Dモデルを楽しんだりできるほか、3Dデータを出品して造形物を販売できるが、プリンター本体・付帯設備・資材等の管理に広大な土地が必要なため地方に生産拠点を置く必要があるため、主要な生産拠点を石川県加賀市に設置していた。

3D造形物の生産拠点の概要

同施設では、法人等からの需要が多い、プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入しており、複数の素材を用いることにより、ゴムのような柔らかい素材・硬い素材・耐熱性の高い素材を出力することができ様々なニーズに対応が可能だ。

同施設を株式会社日立物流の流通センター内に生産拠点を置くことで、コストを抑え、佐川急便株式会社の流通網を用いることで、より迅速な輸送を行うことができるようになり、これまで物理的な制約により対応が難しかった首都圏に「即納」するとともに、価格と品質を維持できるようになった。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

DMM.com プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003219.000002581.html

DMM.make DMM 3Dプリントでできること
https://make.dmm.com/print/about/