九州地区を中心として100店舗以上のドラッグストア・調剤薬局をチェーン展開

2018年12月12日、OKIは、株式会社新生堂薬局(以下、新生堂薬局)が運営する九州初のドラッグストアキャッシュレス店「ドラッグ新生堂香椎駅前」(以下、同店舗)に、お釣り出金可能な電子マネーチャージ機「CZ-20シリーズ」を納入したと発表した。

九州地区を中心として100店舗以上のドラッグストア・調剤薬局をチェーン展開している新生堂薬局は、福岡市が「キャッシュレスFUKUOKA」を合言葉に推進しているキャッシュレス活動に賛同し、クレジットカードや交通系ICカード・電子マネー・スマホ決済のみ決済が可能な同店舗を開店した。

新生堂薬局では、株式会社バリューデザインが提供する電子マネー発行システム「バリューカードASPサービス」を利用した会員向け電子マネー、ポイントサービスを展開し、「ハッピーカード」を発行しており、同店舗での「ハッピーカード」への電子マネーチャージ機として、OKIの「CZ-20シリーズ(バーコードタイプ)」(以下、同電子マネーチャージ機)が採用された。

電子マネーチャージ機「CZ-20シリーズ」の概要

同電子マネーチャージ機は、磁気ストライプ・ICチップ・バーコードの各種電子マネーに対応しているうえに、釣り銭に対応しているため、手元に高額紙幣しかないお客でも気軽に千円からのチャージも可能となり、不必要な多額のチャージも回避できる。

また、店舗に設置しやすいコンパクトなボディーで、紙幣還流型であるため、入金したお金をお釣りに利用可能で、現金取扱いや会計に要する時間を短縮するなど、レジ周りの効率化も実現している。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

OKI プレスリリース
https://www.oki.com/jp/press/2018/12/z18072.html