不在時でも玄関先などの指定場所まで安全に食材を届けるサービスを提供

2018年12月18日、株式会社ライナフ(以下、ライナフ)は、生活協同組合パルシステム東京(以下、パルシステム)と提携し、オートロックマンションの不在宅でも、食材配達を可能にする取り組み(以下、同取り組み)を開始すると発表した。

共働き世帯は増加傾向にあり、食材宅配サービスの需要が急速に高まっている状況で、パルシステムでは、不在時でも玄関先などの指定場所まで安全に食材を届けるサービスを提供している。

しかしながら、オートロックマンションでは、セキュリティの観点からこれらのサービス提供が難しい状況であった。

マンションセキュリティを損なわない、食材宅配サービス

ライナフが開発するオートロックエントランス用のIoT製品「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」(以下、同製品)は、マンションのエントランスに設置するIoT製品で、インターネットや携帯電話から遠隔操作でオートロックを解錠できる。

同取り組みでは、同製品を活用し、パルシステムの配達スタッフを識別する専用カードキーを発行し、カードをかざすことでオートロックを解錠して、玄関先などの指定場所まで荷物を届けることができる。

また、エントランスの開閉履歴をリアルタイムに管理することで、マンション自体のセキュリティを強化させ、入居者にも安心して利用できる。

なお、同取り組みの第一弾は、東京都中野区の賃貸マンション「エミリブ鷺ノ宮」において導入し、順次拡大していく。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ライナフ プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000015549.html