カーシェアとレンタカーのイイとこ取り

2018年12月17日、パーク24株式会社は、無人サービスであるカーシェアリング「タイムズカープラス」と、有人サービスであるレンタカー「タイムズカーレンタル」それぞれの強みを組み合わせた、新しい形のモビリティサービス「タイムズカー」の本格展開に向け、2019年1月よりトライアルを開始すると発表した。

「タイムズカープラス」は、スマホや携帯電話等からのWEB予約により、店頭手続きなしに24時間365日いつでも乗車することができ、利用した時間分のみの支払でわかりやすい料金体系であるメリットがある。一方、長時間の利用ができず、車種が限定され、オプションサービスがないというデメリットがある。

また、「タイムズカーレンタル」は、長時間利用可能で、車種バリエーションが豊富であり、在庫調整により予約の制限が少なく、洗車サービスやチャイルドシートのオプションなどのメリットがある一方で、短時間の利用料が高く、店舗営業時間外の利用ができず出発手続きが煩雑で、貸し出し拠点数が少ないなどのデメリットがある。

「タイムズカー」の概要

タイムズカーは、利用時間が、最短15分から複数日数まで可能で、チャイルドシートや洗車等のオプションサービスがあり、車種はレンタカーなみのバリエーションがあり、在庫調整が可能であるためカーシェアより予約しやすく、1ヶ月前からの予約も可能だ。

2019年1月より、タイムズステーション・イトシアおよびタイムズ東京ガーデンテラス紀尾井において、トライアルとしてサービスの一部を提供開始して検証・見直しを行い、本格サービス化に向けて準備を進め、2019年10月には、10,000台規模での提供を目指す。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パーク24 ニュースリリース
http://www.park24.co.jp/news/2018/12/20181217-1.html

パーク24 ご参考
http://www.park24.co.jp/news/files/20181217-2.pdf