保育士の負担感の高い業務を効率化

2018年12月18日、株式会社コドモンは、渋谷区内の全公立保育所20園において、同社が展開する幼保施設向け業務支援サービス「CoDMON(コドモン)」(以下、同サービス)が導入されることとなったと発表した。

同区は、待機児童削減に向けた取り組みを継続するために、2019年以降も9園の新規開設するとともに、「保育の質」向上にも着目して、保育課による研修や園巡回などの積極的な取り組みを行っている。

今回は、保育士の負担感の高い園内帳票の作成管理や保護者連絡などの業務を効率化し、それらの業務に要していた時間を子どもと触れ合う時間やよりよい保育を考える時間に充てることで、保育の質の向上や保育士が長く働ける環境づくりを目指して、同サービスを導入することとなった。

幼保施設向け業務支援サービス「CoDMON」の概要

園児台帳の管理機能により、基本情報・健康情報・食事など園児のあらゆる情報を一元管理して、登降園管理機能により、これまで保育士が手書きで記録していた園児の登降園をICカードで自動管理し、保護者からの園児の欠席連絡もアプリから簡単ワンタッチにできる。

また、指導計画作成機能により、園独自の書式は維持したまま、年齢や項目毎に整理された3,000以上の文例を参考にしながら入力することが可能で、一度記入した指導案は蓄積され、連絡帳機能により、子どもの様子を文字だけでなく写真でも保護者と共有できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

コドモン プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000040113.html