使用水量等のデータを通信回線で遠隔地に自動送信

2018年12月18日、日本電気株式会社(以下、NEC)は、京都市上下水道局が民間企業との共同研究として実施しているIoTを活用した水道スマートメーターの試験的導入と電波状況確認試験に参画し、LoRaWANの実効性を検証すると発表した。

同共同研究は、同市左京区の山間地域の一部(久多、広河原、花脊、別所及び百井地域)で、2018年12月~2019年5月に実施され、試験的に導入される水道スマートメーターは、計測した使用水量等のデータを通信回線で遠隔地に自動送信できる。

このため、現地に出向くことなく検針できるとともに、取得したデータを活用して「使用水量の見える化」等の顧客サービスの向上や、漏水の早期発見等が可能となる。

低消費電力で広域通信を実現する新無線通信技術を、無積雪期と積雪期に確認

NECは、新無線通信技術LoRaWANに関し、上下水道局施設に仮設した無線基地局までの通信伝搬状況の確認を、広河原及び百井地域において、無積雪期と積雪期の両方に行う。

なお、LoRaWANは、機器のバッテリー消費を抑えながら、低消費電力で広域通信を実現する新無線通信技術「LPWA」の一つで、IoT向け通信ネットワークとして利用拡大が見込まれている。

また、電池のみで長期間のデータ送信が求められるLoRaWANデバイスの電池消費量も確認する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201812/20181218_02.html