配電用変電所の設備保全の効率化が課題

2018年12月17日、東京電力パワーグリッド株式会社(以下、東京電力PG)と株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、画像・映像解析AI、異音検知AIによる変電設備異常診断ソリューションを導入すると発表した。

設備の経年増加や労働人口の減少が社会課題となっている状況で、東京電力PGでも、約1300箇所の配電用変電所における設備保全の効率化が課題となっていた。

一方、NTTデータは、さまざまな設備を保有・運営する業界向けに、保全計画から保守までの業務プロセスを統合した「デジタルメンテナンスソリューション」(以下、同ソリューション)を展開している。

両社は、地下変電所、屋外変電所における変電設備の異常診断実証試験を2017年度に実施して、巡視時間を50%以上削減できることを確認し、このたび導入を進めることとした。

変電設備異常診断ソリューションの概要

変電設備異常診断ソリューションは、変電所における油入変圧器や冷却ファンなどの電力設備を対象として、油入変圧器の漏油検知・外柵等の建物異常検知・アナログメーターの自動読み取り・冷却ファン等の異常音を検知する。

また、画像・映像解析AIは、ディープラーニング(深層学習)技術と映像解析手法を組み合わせた診断が可能で、異音検知AIは、異常音の事前学習なしに正常音の学習のみで異常音を検知できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京電力パワーグリッド プレスリリース
http://www.tepco.co.jp/