トレーサビリティの面で利用者の安心を確保

2018年12月21日、STAGE株式会社は、ブロック チェーン技術を活用した独自のQRコード決済アプリ「DigiCash」(以下、同アプリ)の提供を開始したと発表した。

同社はFinTechベンチャー企業で、同アプリのシステムを自社で開発しているため、現場のニーズに合わせたサービス展開も可能としている。

また、ブロックチェーン技術を活用しているため、トレーサビリティの面で利用者の安心を確保している。

「DigiCash」の概要

同アプリは、ユーザーがスマートフォンに無料でダウンロードし、銀行口座やクレジットカードからお金をチャージすることで、店舗で利用できるキャッシュレスサービスであり、ユーザーが店舗のQRコードをスマートフォンで読み取り、入力した金額情報をユーザーと店舗担当者が確認すると決済が完了する。

なお、提携先は、都内の個人事業主や小型店等を中心に開始して、今後、全国各地への展開を進める。

また、同アプリを提供開始するに当たっての特典として、店舗向けに、導入初年度の決済手数料率を無料で提供するとともに、STAGEでは店舗でのキャッシュレス推進・業務コストの削減・回転率向上・売上増加を支援し、ユーザー向けに、新規登録者が利用登録すると即時に利用できるDigiCashクーポンを発行する予定だ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

STAGE プレスリリース
https://stageinc.jp/news/202/