過酷な環境下でもアクティブに操作が可能

2018年12月21日、DJI JAPAN株式会社は、FLIRシステムズ社と共同で、ビジュアルカメラと赤外線カメラを一つのユニットに統合した、産業用ドローンMavic 2 Enterprise Dual(以下、同ドローン)を開発したと発表した。

ドローンは、公共の安全を保持する活動や点検業務において、すでに一般的になってきており、場所と時間を選ばず簡単に導入できる信頼性の高い空撮ツールを使うことで、すぐに必要な情報を入手可能となる。

「Mavic 2 Enterprise Dual」の概要

同ドローンは、可視光を捉える4Kセンサーと、サーマル画像データを捉えるFLIR Leptonサーモグラフィーマイクロカメラを一つのユニットに収容した3軸ジンバルカメラを搭載しており、パイロットは夜間や霧・煙の立ち込める複雑な環境下でも飛行させることができる。

また、DJI Pilot飛行制御アプリの複数のインテリジェント表示モードから、デュアルセンサーカメラのデータを選択して可視化できる。

なお、同ドローンは、2018年10月に発表したMavic 2 Enterpriseの特徴である多くの高度制御技術とアクセサリー拡張性も搭載しており、温度を測定し、画像と温度データを保存して効率的なレポートと分析を行えるため、公共施設の点検業務から緊急事態への対応といったさまざまな業務オペレーションや一刻を争う任務に必要な情報を即座に提供できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

DJI プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000135.000015765.html