発注者・施工者双方で検査・管理業務の生産性向上を図るツール

2018年12月25日、清水建設株式会社は、山岳トンネル工事における検査・管理業務の合理化を目指し、タブレット端末を用いたリアルタイム遠隔立会システム(以下、同システム)を開発したと発表した。

山岳部のトンネル工事では、発注者の工事事務所が現場から離れているケースが散見され、品質・出来形検査に立ち会う発注者の検査員が長時間を掛けて現場まで移動する必要があるため、日程調整に苦労することも多い。

同システムは、ICTを活用して物理的な距離を克服し、発注者・施工者双方で検査・管理業務の生産性向上を図るツールとして開発したもので、今回は、西日本高速道路株式会社からシステム機能を評価され、実現場での試験適用に至った。

リアルタイム遠隔立会システムの概要

同システムは、テレビ会議機能と検査値入力・立会写真撮影機能を備えた遠隔検査ソフト、施工者用のタブレット端末、発注者の工事事務所に設置する閲覧用PC、サーバーPC、トンネル内無線通信網等で構成される。

システムを利用する際は、工事事務所の閲覧用PCとトンネル坑内のタブレット端末をインターネット回線でつなぎ、タブレット端末で撮影した坑内のライブ映像と、施工者が入力する施工状況・検査値等の検査データを発注者・施工者間で共有しながら、品質・出来形検査を進める。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

清水建設 ニュースリリース
https://www.shimz.co.jp/