家庭に複数の電気自動車が導入される可能性

2018年12月25日、北陸電力株式会社は、同社社宅(富山市奥井町)において、電気自動車・蓄電池・太陽光発電を設置し、EMS(エネルギーマネジメントシステム)を用いて、各機器を最適に制御する実証試験を、2019年1月から実施すると発表した。

太陽光発電が一般家庭にも普及しつつあるとともに、電気を貯めて取り出すことが可能なV2H(Vehicle to Home)機器を併設した電気自動車や蓄電池が普及し始めている状況で、一世帯あたりの自動車保有台数が多い北陸地域においては、家庭に複数の電気自動車が導入されると想定される。

実証試験の概要

同実証試験の目的は、電気自動車3台、蓄電池および太陽光発電等を家庭一戸の電気系統に設置し、EMSを用いて、同社が、太陽光発電の状況や電力使用状況を把握しながら、電気自動車と蓄電池の充放電やエコキュート等の稼働を遠隔で制御することで、顧客が意識することなく、契約電力の上昇を抑制して、電気を最適に利用可能にする技術やノウハウを確立することだ。

また、災害等による停電に備え、停電時には、電気自動車や蓄電池、太陽光発電から給電することで、継続して電気を利用できる技術やノウハウを確立する。

さらに、カーシェアすることで電気自動車の利用頻度を向上させ、充電・放電量やタイミングを稼働状況に応じて把握するとともに、カーシェア利用者に対するニーズの調査を実施する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

北陸電力 ニュースリリース
http://www.rikuden.co.jp/press/attach/18122501.pdf