利用金融機関ごとの商品・サービスに対応した機能を提供

2019年1月4日、株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、事業組合システムバンキング九州共同センター(以下、SBK)に、金融機関向け基幹系システム「BeSTAcloud」(以下、同システム)のサービス提供を開始したと発表した。

SBKには、九州地区の第二地銀である、福岡中央銀行・佐賀共栄銀行・長崎銀行・豊和銀行・宮崎太陽銀行・南日本銀行の6銀行が加盟しており、NTTデータは、1977年から約40年間にわたり、基幹系システムの共同利用サービスを安定運用してきた。

システムを刷新

同システムは、勘定系端末ソフト「BeSTAlinc」や個人向けインターネットバンキング「AnserParaSOL」などを組み合わせて提供しており、先進性・拡張性・柔軟性や国内最高水準のバックアップ機能などが評価されて、刷新システムとして採用された。

今後は、先進システム機能の拡大・拡充を行うとともに、さまざまな金融機関の個別ニーズや金融持株会社傘下の複数金融機関による共同利用等、利用行の経営戦略をサポートする。

(画像はNTTデータ公式ホームページより)

▼外部リンク

NTTデータ ニュースリリース
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2019/010401.html