ブロックチェーン技術を活用したトータルソリューションを提供

2019年1月7日、株式会社TATERU(以下、TATERU社)は、Diginex Limited(以下、Diginex社)と「データ改ざん防止システム」(以下、同システム)の共同開発を開始したと発表した。

Diginex社は、本社が香港に所在し、不動産業界を含む様々な業界へのブロックチェーン技術を活用したソリューションなど、分散台帳技術(DLT)に関するトータルソリューションを開発・提供する事業を展開している。

また、TATERU社は、2018年10月にDiginex社と戦略的資本業務提携を行い、TATERU社グループにおけるブロックチェーン技術の研究開発を促進するとともに、ブロックチェーン技術の開発体制構築の迅速化を図ってきた。

「データ改ざん防止システム」の概要

同システムは、クラウドストレージへのファイルアップロード時には、ファイル自体の情報をブロックチェーン上に記録するとともに、ファイル参照などのアクセス履歴についてもブロックチェーン上へ記録し、保存されたファイルのオリジナル性を担保して、改ざん不可能なデータ管理を実現する。

また、顧客が不動産業者などを介さずに直接データをアップロードすることで、データ情報が自動的にブロックチェーンへ書き込まれ、データの改ざんを極めて困難にするとともに、ブロックチェーン上に書き込まれたハッシュ値を確認することで改ざんの有無を可視化し、それに準拠したファイルの証跡が残る。

さらに、利用者の作業内容や責任範囲に合わせて権限を振り分けることができるため、改ざんの認められたデータを除外することができ、顧客によって提出されたデータを安全に金融機関や融資担当者と共有することが可能となる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

TATERU プレスリリース
https://corp.tateru.co/news/press/20926