世界のコンテナ海上取扱量は、過去10年間で約2倍に増加し、運賃競争が激化

2019年01月09日、住友商事株式会社(以下、住友商事)は、アジア地域におけるコーポレート・ベンチャー・キャピタルであるSumitomo Corporation Equity Asiaを通じ、中国でデジタル技術を活用した国際物流事業を展開するYunQuNa社に出資したと発表した。

世界のコンテナ海上取扱量が過去10年間で約2倍に増加し、運賃競争が激化しているなか、物流事業者は、トラック・倉庫・通関・船舶等、物流プロセスごとに物流サプライヤーが多数存在するため、物流の手配に時間がかかることや、貨物の状況の迅速な把握が難しいなどの課題がある。

24時間365日対応可能なYunQuNa社の物流サービス

YunQuNa社は、オンラインで完結する国際コンテナ輸送手配プラットフォーム(以下、同プラットフォーム)を開発し、24時間365日対応可能な物流サービスを展開している。

同プラットフォームは、荷主の要望ルートや納期に応じて最適な物流業者を選択し、見積や通関手続き、輸送機関の手配および貨物の追跡、精算処理などの物流に関わる一連の業務をオンラインで一元化するもので、将来的には、ビッグデータやAIを活用して、物流サプライヤー向けの需要予測や荷主向けの事前手配サービスの提供も検討している。

住友商事は、物流事業を担う住商グローバル・ロジスティクスグループにおいて、長年国際物流ビジネスを展開しており、今後は、YunQuNa社との協業を通じたさらなる事業基盤の拡大と物流事業分野のデジタルトランスフォーメーションを検討・推進するとしている。

(画像は住友商事公式ホームページより)

▼外部リンク

住友商事 ニュースリリース
https://www.sumitomocorp.com/