木質構造とRC造の最適な組み合わせを追求

2019年1月8日、清水建設株式会社は、中大規模の耐火建築向けに開発したハイブリッド木質構法「シミズ ハイウッド」(以下、同構法)と木質耐火部材「スリム耐火ウッド」(以下同部材)を初適用した、中層集合住宅(以下、同住宅)の建設工事に着手したと発表した。

同構法は、木質構造と鉄骨(S)造、あるいは鉄筋コンクリート(RC)造の自由な組み合わせを可能にしたもので、同住宅では、中層集合住宅に求められる耐震性や耐火性、遮音性等を確保するため、木質構造とRC造の最適な組み合わせを追求している。

木質構造を採り入れた中層集合住宅の概要

同住宅は、同社の社有社宅として名古屋市内に建設するもので、地下1階が駐車場、地上4階が26戸(建築面積799平方メートル、延床面積3,152平方メートル)の住宅となる。竣工は2020年2月の予定だ。

基本的な構造は、地下1階の柱頭部に設けた11基の免震装置上に、幅50.5m、奥行き17.0m、厚さ90cmの人工地盤を築き、その上に4階建ての建物を載せる架構になっており、1時間耐火とするため、木質構造の柱・間柱・梁には、同社と菊水化学工業が共同開発し、国土交通大臣認定を取得した「スリム耐火ウッド」を初採用する。

また、造部材のほか、住戸境のRC耐震壁の表面、床材、妻側の外壁にも木材を使用し、一部床は、RCとCLTパネルの合成床としており、CLTパネルは、施工時には型枠、RC床の防振性能と遮音性能の補完材、天井面の仕上材として機能する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

清水建設 ニュースリリース
https://www.shimz.co.jp/