見守り機器を導入することで関連施設の夜間駐在の人員削減が可能

2019年1月10日、凸版印刷株式会社は、LPWA(低消費電力広域ネットワーク)規格ZETA(ゼタ)を活用し、センサー検知とAIにより病院内施設のトイレやシャワー室・風呂などの個室における転倒や利用状況などを可視化できる医療施設向け見守りサービス(以下、同サービス)を開発したと発表した。

なお、規格ZETAとは、分散アクセス、双方向での低消費電力通信が可能で、IoTに適した最新のLPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク規格であり、中継器を多段に経由するマルチホップ形式の通信を行うことで、基地局の設置を他のLPWAより少なくでき、低コストでの運用が可能な方式として注目されている。

2018年度の介護報酬改定により、見守り機器を導入することで関連施設の夜間駐在の人員削減が可能になったが、医療施設ではネットワーク通信を利用した多くの機器が使用されており、電波干渉の影響がネックとなり、新たな機器を導入する際の課題となっている。

病院内施設見守りサービスの概要

同サービスでは、医療施設のトイレやシャワー室・風呂などの個室内に人感センサー・開閉センサーなどを組み合わせて設置し、利用者の動きや扉の開閉状況を検知することで、転倒などの状況を把握できる。

センサーの情報はクラウドなどに蓄積され、ワイヤレス医療機器などとの電波干渉を生じにくいZETAを活用することで、診療や看護に支障をきたさず、医療施設内のナースステーションなど別の場所に設置されたPC上で確認できる。

また、ZETAでは中継器によるマルチホップ(メッシュアクセス)が可能となるため、施設の奥まった箇所や地下など電波が届きにくい箇所に対しても、中継器を活用することで施設全体をカバーできる。

さらに、車椅子利用などが多い医療施設内の個室環境に対応し、AIを活用した緊急時の検知パターンを蓄積・学習させることで、同サービスの精度を高め、緊急事態を早期に発見できる。

同社は、2019年1月初旬より、医療機器の輸入・販売を手掛ける株式会社メッツと協力し、埼玉県総合リハビリテーションセンターの個室トイレで実証実験を開始する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

凸版印刷 ニュースリリース
https://www.toppan.co.jp/