京阪神エリアでサービス展開を開始

2019年01月30日、株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は、株式会社国際興業大阪(以下、国際興業大阪)と、DeNAが提供している次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ、旧タクベル)」(以下、同サービス)において協業することを合意したと発表した。

DeNAは、神奈川県内で同サービスを展開してきており、2018年12月からは東京23区を中心としたエリアでもスタートさせている。

同協業により、DeNAの乗客用・乗務員用端末に関わるアプリケーションの開発・運用技術、AI探客ナビ(仮称)などと、国際興業大阪がこれまで培ってきた安心・安全を担保する運行管理ノウハウを組合わせることで、大阪府において、完成度の高い次世代タクシー配車サービスを構築する。

さらに、DeNAは、配車アプリのみならず、後部座席で乗客がニュースや交通情報などを見られるタブレット、クレジットカード(接触型/非接触型ICカード対応)および交通系電子マネーに対応する決済機、無線機システムとの連携など、ハードウェアを含めたタクシーの総合的なスマート化・IoT化を実現し、タクシーの利用を便利にしていくとしている。

「MOV」の概要

同サービスは、アプリをダウンロードして、いつでも簡単にタクシーを呼べる、次世代型のタクシー配車サービスで、たくさんのタクシー会社の中から、一番近くのタクシーがスピーディーに配車され、配車を依頼すると到着時間の目安がわかる。

また、何かあった時はメッセージ機能で直接乗務員と連絡もとれるので安心して利用できる。

なお、ネット決済に100%の車が対応しているため、決済はアプリで自動的に行われ、目的地に着いたらそのまま降りるだけで、お釣りやクレジットカードのやりとりに時間を取られない。

(画像はDeNA公式ホームページより)

▼外部リンク

DeNA プレスリリース
https://dena.com/jp/press/004437