膨大なデータを独自の分析手法に基づき分析

2019年1月11日、西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)は、株式会社ギックス(以下、ギックス)と業務提携契約を締結し、同時に株式会社JR西日本イノベーションズがギックスに出資したと発表した。

ギックスは、2012年の設立、資本金339,925,840円(資本準備金含む)の会社であり、各種決済データ、営業活動記録データ、IoTに関する機器ログデータ、移動ログデータなどの膨大なデータを独自の分析手法に基づき分析することで、顧客企業の経営課題解決を支援している。

業務提携契約および出資の概要

今回の提携により、JR西日本グループが持つ鉄道分野における大量のデータ、および地上検査の車上測定化やセンサーネットワーク網整備などによる観測データと、ギックスが持つデータ分析ノウハウを融合させることで、CBM(Condition Based Maintenance)による新しいメンテナンス手法を確立し、技術ビジョンに掲げる「持続可能な鉄道・交通システムの構築」を実現する。

なお、CBMとは、設備状態を常時監視・把握し、必要なときのみメンテナンスを実施することで品質と効率性を両立させる予防保全の考え方だ。

また、出資は、第三者割当増資によって行われ、出資の目的は、JR西日本グループにおいてデータを利活用して生産性向上を推進するとともに、鉄道事業におけるIoT分野の課題解決実績を蓄積してギックスの企業価値を向上させることだ。

(画像はJR西日本公式ホームページより)

▼外部リンク

JR西日本 ニュースリリース
https://www.westjr.co.jp/