社会イノベーション事業の推進を強化

2019年1月11日、株式会社日立インフォメーションエンジニアリング(以下、日立インフォメーションエンジニアリング)および株式会社日立テクニカルコミュニケーションズ(以下、日立テクニカルコミュニケーションズ)は、2019年4月1日付で、合併することに合意したと発表した。

これまで、日立インフォメーションエンジニアリングは、社会・産業インフラ分野向けのコンサルテーションからシステム設計、開発・運用を提供するシステムソリューション事業まで、高信頼性のあるITシステム運用環境を提供するデータセンターソリューション事業を展開してきた。

また、日立テクニカルコミュニケーションズは、GUIやWEBなどのデザイン性・操作性の向上を図るエクスペリエンスデザイン事業、および製品マニュアルや業務マニュアルなどのテクニカルなドキュメント制作事業を展開してきた。

一方、社会が多様化し、グローバル化するとともに、企業の抱える課題はより複雑化し、AIやIoTなど先進の技術を取り入れながらデジタルトランスフォーメーションを加速していくことが求められている。

このような状況において、両社のそれぞれの強みであるシステム開発力とUX価値向上の技術・ノウハウを融合した付加価値を提供し、社会イノベーション事業の推進を強化することとなった。

合併後新会社の概要

商号は株式会社日立インフォメーションエンジニアリング、本店所在地を広島県広島市とし、従業員数600名超、資本金が1億6千万円で、株式会社日立製作所100%の持株比率となる予定だ。

また、事業内容は、「コンサルテーション、システム設計・構築、システム運用・保守」などを提供するシステムソリューション、GUIデザインを提供するUX価値向上サービスや、「マニュアル制作、WEB制作、プロモーションコンテンツ制作、翻訳サービス」などを提供するドキュメント制作トータル・ソリューション・サービスを展開する予定である。

(画像は日立インフォメーションエンジニアリング公式ホームページより)

▼外部リンク

日立インフォメーションエンジニアリング ニュースリリース
http://www.hitachi-ife.co.jp/news/2019/201901_02.html