製造業の工場等では、目的の物を探す作業に膨大な時間を要している

2019年1月11日、日本電気通信システム株式会社は、製造業等の工場内の資材・仕掛品・完成品の保管位置を高精度に測位する「マーカー測位技術」(以下、同測位技術)を開発したと発表した。

製造業の工場等において、さまざまな場所で保管されている多数の資材・仕掛品・完成品などの位置を管理するするため、屋内ではビーコン方式、屋外ではGPSの電波を用いた方式などが、従来から多く用いられているが、10m程度の位置測位誤差が発生するため、正確な位置管理ができなかった。

また、屋内では特殊なビーコン装置を多数配置する必要があるうえに、電池交換をはじめメンテナンスに手間がかかることや、位置測位精度が粗く、資材運搬を自動認識することが難しいなどの問題があった。

「マーカー測位技術」の概要

同測位技術は、壁面や柱に付けた基準点マーカーと資材に付けた資材マーカーをカメラで撮影することで、資材の保管地点を記録する。

また、搬出時には、基準点マーカーとカメラの位置と姿勢(角度)から、資材マーカーの位置を相対的に求めることで、資材の位置を1m以内という高精度で推定しするとともに、マーカーを撮影した映像をもとに位置測位を行うため、資材の保管や移動・撤去を一連の流れとして捉え、資材の動きを自動的に監視することが可能となる。

なお、紙状媒体のマーカーを壁面、柱や資材に付け、カメラで撮影して位置を推定するため、特殊な装置が不要で取り扱いが簡易である。さらに、風雨に耐えられる媒体のマーカーを使用することで、屋内外で異なる位置測位装置(ビーコン、GPS等)を用意する必要がなく、屋内外の資材管理を一元的に行うことができる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEC通信システム ニュースリリース
https://www.ncos.co.jp/news/news_190111.html