コンパクトなサイズで簡単操作

2019年01月17日、株式会社クボタは、ハンドル操作に不慣れな人でも、自動制御でまっすぐに作業が可能なGPS農機「NB21GS」(以下、同農機)を発売すると発表した。

同社は、農業の省力化や高精度化、低コスト化に寄与するため、自動運転トラクタを含むGPS農機「ファームパイロット(Farm Pilot)シリーズ」を2016年から順次発売し、ラインナップを拡充しているが、これまでは、主に熟練者した担い手向けの大型機種が主体であった。

一方で、人手不足で熟練者の確保が難しくなることや小規模農家の省力化・軽労化などの課題があった。

GPS農機「NB21GS」の概要

同農機は、小型の機械として初めてとなるGPSによる直進アシスト機能(以下、同機能)を搭載した。同機能は、一工程目で始点A・終点Bを登録し直進の基準線を設定すると、次工程からは直進アシスト機能を「ON」にするだけでハンドルが自動制御され、基準線に対して平行にまっすぐ作業できる。

また、GPSの測位状況によって作業中に直進のズレが生じた場合にはハンドル横の「手動補正スイッチ」で簡単に左右方向の軌道修正ができ、直進アシスト機能の操作方法やGPSの測位状況等、直進アシスト機能に関わる情報を、4.3インチカラー液晶モニタにイラストでわかりやすく表示する。

これらの機能により、ハンドル操作に不慣れな人でも、作業状況の確認や調整に集中できて能率が向上し、コンパクトなサイズと簡単操作で野菜を作る担い手層や小規模水田農家の省力化・軽労化に貢献することが期待される。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

クボタ ニュースリリース
https://www.kubota.co.jp/new/2019/19-05j.html