リアルタイムでの運行状況把握や報告書管理の効率化を図る

2019年1月18日、北菱電興株式会社(以下、北菱電興)および日本マイクロソフト株式会社(以下、マイクロソフト)は、石川県加賀市が、マイクロソフトのクラウドプラットフォームMicrosoft Azure(以下、同プラットフォーム)を活用した北菱電興の除雪車運行システム「スノプロアイ」(以下、同システム)を採用したと発表した。

同市は、AIやIoTなどを軸としたIT人材育成に積極的に取り組むとともに、行政で最先端テクノロジの活用を進めており、その一環として、同システムの導入を決定した。

除雪車運行システム「スノプロアイ」の概要

同システムでは、各除雪車の現在の位置や除雪が済んだ場所が、分かりやすく地図上で可視化され、リアルタイムで把握することが可能になるうえに、同時に各除雪車のカメラで撮影した道路状況を市役所から確認できるため、市民からの問い合わせにも即座に応えられるようになる。

また、除雪作業終了後に提出する報告書作成プロセスおよび除雪費用の計算も大幅に自動化され、運用負担を大幅に軽減するとともに負荷変動にきめ細かく対応でき、除雪作業に関わる費用も削減することが期待される。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

北菱電興 新着情報
http://www.hokuryodenko.co.jp/