派遣業界では慢性的な人材不足が続いており、採用が困難な時代が到来

2019年1月18日、株式会社manebiは、派遣企業の採用支援サービス「派遣のミカタ・人財採用マーケティング」(以下、同サービス)を開始すると発表した。

派遣業界では慢性的な人材不足が続いており、採用が困難な時代が到来し、人材不足で事業自体が存続できなくなってしまう「人手不足倒産」という言葉も生まれている。

このような状況において、同社は、派遣企業の人財採用戦略を最適化することで、応募数の増加や採用コストの削減を推進し、採用に関わる課題を解決する、同サービスを開始することとなった。

「派遣のミカタ・人財採用マーケティング」の概要

同サービスは、派遣業界に特化した採用マーケティングサービスで、営業部担当コンサルタントが現在の採用戦略を無料で分析し、求人を掲載する媒体の選定から掲載プランの最適化、自社サイトやindeedの活用など、派遣企業の状況にあった最適な採用戦略を提案する。

また、自社専用の採用サイトを構築し、求人媒体や求人雑誌と比べて低コストで採用できるようにする。

さらに、最適な求人媒体や検索エンジンで運用を代行し、採用戦略の立案や自社採用サイトの構築だけではなく、派遣企業の採用課題を解決する。

(画像はmanebi公式ホームページより)

▼外部リンク

manebi プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000028888.html