育児や介護などで通勤困難な女性が働きやすいまちの実現を目指す

2019年1月18日、ソフトバンク株式会社は、横浜市と連携し、育児や介護、障がいなどの理由により、働く意欲や能力があっても長時間勤務や通勤が困難な人が、ICTを活用して自宅で短時間就業できる「ショートタイムテレワーク」の実証実験を、2019年3月から開始すると発表した。

「ショートタイムテレワーク」は、生活上の制限によって、就労機会を得ることが難しい人や、自分の能力を生かして、働ける職場が近くにない人などが、自宅や自治体の施設などの遠隔地でパソコンやスマートフォン、タブレットなどのICT機器を活用して、データ入力・資料作成・情報交換や分析などの業務を分担することで、時間や場所に縛られない働き方だ。

実証実験の概要

同実証実験は、同社が横浜市と締結した「SDGs未来都市・横浜」の推進に関する包括連携協定において、女性が働きやすく活躍できるまちの実現に関する取り組みの一環として、同市と共同で実施する。

対象者は、汐見台地区(横浜市磯子区)在住で、子育てが一段落した人や何らかの理由により制限があり通勤が困難な人で、職種・仕事内容は、同社CSR部門(社会貢献部門)の業務一般事務で、企画サポートや企画などである。

また、使用するICT機器として、パソコン・スマートフォンやタブレットを同社が無償提供するほか、ビデオ通話などのコミュニケーションの仕組みを利用することを想定している。

勤務時間は週8時間程度、勤務場所は自宅または汐見台福祉センター(所在地:横浜市磯子区汐見台2-4-6)であり、参加人数は5人だ。なお、企業や団体に雇用されている人は対象外である。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソフトバンク プレスリリース
https://www.softbank.jp/