新たに物流センターを開設することで、サービスの処理能力を向上

2019年1月18日、楽天株式会社(以下、楽天)は、運営する総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」において、千葉県流山市の物流センター「Rakuten Fulfillment Center Nagareyama」を同日稼働開始するとともに、大阪府枚方市の物流センター「Rakuten Fulfillment Center Hirakata」を、1月21日(月)に稼働開始すると発表した。

「楽天スーパーロジスティクス」は、楽天が、「楽天市場」に出店する店舗の商品を保管から出荷まで一括で担う総合物流サービスで、これまで、千葉県市川市と兵庫県川西市に物流センターを設け、安定したEC店舗運営に寄与してきた。

この度、新たに物流センターを開設することで、サービスの処理能力向上を図るとしている。

新施設の概要

新センターでは、これまで楽天が培ってきた倉庫内オペレーションのノウハウを活用するとともに、自動倉庫や仕分けソーターなどの最先端マテリアルハンドリングシステムを導入し、運営の大幅な効率化・省人化に取り組む。

さらに、「楽天市場」の出店店舗の商品の保管と出荷拠点としてだけでなく、運営する配送サービス「Rakuten EXPRESS」の仕分けや出荷拠点としても活用する予定だ。

なお、「Rakuten EXPRESS」は、楽天グループで日用品のECサービスを提供するRakuten Direct株式会社「楽天ブックス」と「Rakuten BRAND AVENUE」の商品や、「楽天市場」の出店店舗の一部商品を対象に、東京23区、東京都14市、千葉県、埼玉県、神奈川県の一部地域および大阪府の一部地域で配送サービスを展開している。

また、「Rakuten Fulfillment Center Nagareyama」は、建物が地上4階建(事務所部5階建)、面積が約 24,000 坪で、「Rakuten Fulfillment Center Hirakata」は、建物が地上5階建、延床面積が約36,000坪、賃借面積が約23,000坪の規模である。

(画像は楽天公式ホームページより)

▼外部リンク

楽天 ニュースリリース
https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2019/0118_01.html