茨城県内でキャッシュレス決済環境の整備を促進

2019年1月15日、茨城県と株式会社Origami(以下、Origami)は、相互の連携により、同県内においてキャッシュレス決済環境の整備を促進することを目的に、連携協定を締結したと発表した。

同社は、2012年に設立され、2015年にスマホ決済サービスの提供を開始して以来、モバイルによりキャッシュレスを実現する金融プラットフォームを提供しており、全国のコンビニ、ファストフード、タクシー、百貨店や地域の小売・サービス業など、多岐にわたる業種・業態の加盟店において、スマートフォンアプリ「Origami Pay」の導入が拡大している。

同アプリを使用するには、事前に同アプリをダウンロードしてアカウントを作り、手持ちの銀行口座やクレジットカードを登録する。会計の際には、店員に「Origami Payで」と伝え、アプリを開いて、バーコードを提示、またはスマホをかざすだけで、財布から紙幣・硬貨を取り出すことなく、スマホで支払いが完了する。

また、会員登録料、カード手数料は一切かからず、情報はセキュリティレベルの高い環境下で保護されているため、安心して利用できる。

連携協定の概要

両者は、キャッシュレス決済を普及・啓発し、県内の中小企業の事業活動を支援して、地域金融機関等との連携に向けた取り組み、および県内の社会課題の解決に関することで連携する。

また、主な取り組みとして、消費者への浸透および地域中小店舗へのキャッシュレス決済導入を促進するため、県内各地においてスマホ決済(QRコード決済)を活用して実証事業を実施し、同取り組みでの決済データの活用と効果を検証する。

(画像はOrigami公式ホームページより)

▼外部リンク

Origami ニュースリリース
https://about.origami.com/press/2019/0115-02/

Origami Origami Payについて
http://origami.com/origami-pay/