運転者の見落としを防ぎ、自然な会話で運転経路を確認

2019年1月22日、三菱電機株式会社は、同社のAI技術「Maisart(マイサート)」(以下、同AI技術)を活用して、自動車の運転を支援する「気が利く自然なHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)技術」(以下、同支援技術)を開発したと発表した。

同支援技術は、運転者の顔の向きを認識して、見ていない方向の危険を知らせる「気が利く通知」と、常に運転者の音声を認識してカーナビと会話するような感覚で運転経路を確認できる「自然なナビゲート」を組み合わせ、安全で快適な運転の実現に貢献するとしている。

なお、同AI技術は、Mitsubishi Electric’s AI creates the State-of-the-ART in technologyの略で、全ての機器をより賢くすることを目指した同社のAI技術ブランドだ。

開発の概要

同支援技術は、自動車先端に設置されたフロントカメラの画像から、車両や歩行者などを認識するとともに、運転席のカメラで運転者の状況を検知するシステムDMS(Driver Monitoring System)が、運転者の顔の向きを認識して、見ていない方向に見落としの危険がある場合は、運転者に警告音とディスプレー表示で注意を喚起する。

また、DMSが、運転者の位置を特定して、アレーマイクにより運転者の音声を高精度に収集するとともに、運転者の口の開きを認識し、発話の有無を検知することで、運転経路をカーナビと会話する感覚で確認できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱電機 ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/0122-c.html