安全で安心な車社会の実現に貢献

2019年1月22日、三菱電機株式会社は、インターネット経由や意図せずにインストールした不正ソフトウエアによる車両制御への攻撃に対して、検知・防御する「車載システム向け多層防御技術」を開発したと発表した。

近年は、ICT端末としての機能を有するコネクテッドカーが普及するに伴い、インターネット経由あるいは不正ソフトウエアにより、車両制御への攻撃の増加が懸念されているなか、車載情報機器の多層防御機能を強化し、より強固な車載向けセキュリティーを開発することで、安全で安心な車社会の実現に貢献するとしている。

開発の概要

攻撃を検知するのに、これまでは、膨大なパターンと照合する処理が高負荷であり、クラウド連携が必須であったが、今回は、攻撃の手口に着目することで処理を軽量化してクラウド連携を不要とし、車載情報機器上でサイバー攻撃を検知できる。

また、車載情報機器のソフトウエアの正当性を検証するセキュアブートは、これまでは、ソフトウエア全体をロード・検証するため起動が低速であったが、今回は、起動時に必要なソフトウエアを優先的に検証することで高速化でき、10%未満の起動時間増でソフトウエアの正当性検証が可能となった。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱電機 ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/0122-b.html