さらに強固なセキュリティを構築

2019年1月21日、PayPay株式会社は、スマホ決済サービス「PayPay」において、本人認証サービス(3Dセキュア、以下、同認証サービス)に対応したと発表した。

同社は、クレジットカードの不正利用に対処するため、2018年より「クレジットカード情報の入力回数の制限」や「クレジットカードご利用時の上限金額の設定」などを順次実施しており、このたびの同認証サービスに対応することで、さらに強固なセキュリティを構築することとなる。

本人認証サービス(3Dセキュア)の概要

同認証サービスは、事前にクレジットカード会社に登録した「パスワード」などを入力することで本人認証を行い、不正利用やなりすましを防ぐ仕組みだ。

「PayPay」において、同認証サービスに対応したクレジットカードを新規に登録する場合には、「クレジットカード番号」、「有効期限」、「セキュリティコード」の入力後に、各クレジットカード会社の認証ページに遷移し、「パスワード」などを入力するとクレジットカードの本人認証が完了する。

既に「PayPay」に同認証サービス対応のクレジットカードを登録している場合には、「PayPay」の支払い方法の設定画面から本人認証ができる。なお、本人認証を行わなくても引き続き「PayPay」による支払いは可能だ。

また、Yahoo! JAPANカードによるチャージを利用する場合は、同認証サービスによる本人認証が必須となる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

PayPay プレスリリース
https://image.paypay.ne.jp/pdf/pr20190121.pdf