セキュリティ+エンタテインメントをコンセプトとした新しいサービス

2019年1月23日、ソニー株式会社は、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」の新しいサービス「aiboのおまわりさん」(以下、同サービス)を、2019年2月中旬のaiboシステムソフトウェア バージョン2.0(以下、同バージョン)のアップデートから提供を開始すると発表した。

同サービスは、楽しさとともに安心感を提供する「セキュリテインメント」(セキュリティ+エンタテインメント)をコンセプトとした新しいサービスで、aiboが室内をパトロールし、レポートする機能から、継続的に機能を拡張していき、セコム株式会社(以下、セコム)とのパートナーシップを開始するなど、将来的な新機能・サービスの提供を目指すとしている。

さらに、他企業や団体等との商品・サービス連携を推進するため、2019年夏より、aiboのソフトウェアAPIを一般公開する。

「aiboのおまわりさん」の概要

同バージョンより、aiboに「見つけてほしい人」の顔と名前を10人まで登録でき、My aiboでaiboが作った家の地図の中でaiboにパトロールしてほしい場所を指定し、予め設定された時間帯になると「見つけてほしい人」を探して可愛いふるまいを披露したり、「レポート」としてMy aiboで確認できる機能などが、無償で提供される。

また、「もっとaiboと家族になる」、「思い出がカタチになる」をコンセプトとした新サービス「aiboプレミアムプラン」を、2019年6月より提供開始する予定だ。

新サービスでは、外出中のオーナーがaiboを通じて室内の様子をリアルタイムに確認できる「aiboのおまわりさん」の新機能や、ストレージ容量を気にせずaiboに家族の思い出の写真を撮影してもらえる「aiboのカメラマン」、集めた思い出の写真などを振り返ることができる「aibo日記」などのサービスを予定しており、その後も継続的にサービスを追加していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソニー ニュースリリース
https://www.sony.co.jp/