自律型無人潜水機の長時間運用技術を確立

2019年1月23日、川崎重工業株式会社は、国立研究開発法人海洋研究開発機構(以下、JAMSTEC)から、自律型無人潜水機(Autonomous Underwater Vehicle、以下、AUV)の長時間運用技術を確立するための開発プロジェクト「深海底ターミナルの設計・製作」(以下、同プロジェクト)を受注したと発表した。

同社が提案した深海底ターミナルのコンセプト・経済性や、2017年に日本および英国スコットランドにおける海中試験で実証済のAUV向け自律ドッキング技術、水中通信技術等の同社が独自開発した技術が評価され、採用に至った。

開発プロジェクト「深海底ターミナルの設計・製作」の概要

同プロジェクトは、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「革新的深海資源調査技術」において発注され、AUVを長時間調査運用するために、深海底において充電および探査データなどの通信を可能にする深海底ターミナルを開発することが目的だ。

同プロジェクトにおいて、同社は、AUVとのインターフェイスを含む全体システムの設計とターミナル実機の設計・製作を行い、陸上および海中において試験を実施し、2020年3月までにJAMSTECに納入する予定である。

また、同プロジェクトを通じて、AUVの長期間運用技術の実用化や品質の向上を図り、AUVから深海底ターミナルまでのトータルシステムを構築するとともに、2020年度を目標に海底パイプライン検査用をはじめとしたAUVおよび関連機器の商用化を目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

川崎重工 プレスリリース
https://www.khi.co.jp/pressrelease/detail/20190123_1.html