環境負荷の低い、新たな資機材運搬方法の確立を目指す

2019年1月23日、東京電力パワーグリッド株式会社は、大型重量物の安全運搬を可能とするドローン技術(主にマルチローター技術)を活用した機体の実用化を目指し、2019年2月を目途に、実証を開始すると発表した。

山間部の送電線工事を行う際に、大型の重機や資材など多数の重量物の運搬が必要となるが、現在は、工事の都度、貨物用モノレールや索道の建設を行っており、これらの建設には年間数億円~数十億円の費用を要するうえに、工事時に行う樹木伐採により環境負荷がかかることが課題となっている。

実証の概要

今回は、先ず、積載量10kgの資材運搬の実証を実施し、運用面・安全面に関する評価とともに段階的に積載量を引き上げ、最終的には実際上必要な積載量1tの運搬を目指す。

実証場所は、福島ロボットテストフィールド(以下、同テストフィールド)を皮切りに、実際の山間部送電線建設工事現場への展開を予定している。同テストフィールドは、南相馬市・浪江町の一大開発拠点で、陸海空のフィールドロボットを主な対象として、実際の使用環境を拠点内で再現し研究開発、実証実験、操縦訓練を行うことができる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京電力パワーグリッド プレスリリース
http://www.tepco.co.jp/