目視外飛行における安全な飛行運用に向けて

2019年1月24日、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)、国立研究開発法人科学技術振興機構、内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)は、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジの一環として、ドローンを含む複数の飛しょう体が飛行する環境で安全運航を実現するために、ドローン間の直接通信により、位置情報を共有するシステム「ドローンマッパー」(以下、同システム)を用いた飛行制御(以下、同技術)を行い、合計3機までのドローンが互いに接近してくる他のドローンとのニアミスを自律的に回避する実験(以下、同実験)に成功したと発表した。

ドローンの普及に伴い、ドローン同士やドローンと有人ヘリコプターとのニアミス等が報告されるようになっており、ドローンを含む飛しょう体間で位置情報を共有し、安全に距離を保ちながら運用することが望まれている。

ドローンを目視外で飛行させる場合に、これまでは、ドローンと操縦者との間の通信を行いながら、あらかじめプログラムされた飛行経路や飛行方法に従って、自動で飛行させる飛行制御が用いられてきたが、他のドローンや有人航空機等の接近への対応が困難である等の課題があった。

実験の概要

同技術では、同システムとドローンのフライトコンピュータを連携させることで、操縦者を介さずに、ドローン同士が互いに直接共有される位置情報から周辺のドローンの位置を把握し、ドローン自体が自動で飛行制御(ニアミス回避や群飛行等)できるようになった。

動作を検証するための同実験では、最大3機のドローンがそれぞれの目的地に向かう際に、自動で接近を検知し、ニアミスを回避した後、予定の飛行経路に戻り、最終目的地まで到達することを確認した。

同実験の成果より、ドローン間の直接通信が、目視外飛行環境におけるドローンの飛行制御と安全運用に寄与できる見通しが得られたとのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NICT プレスリリース
https://www.nict.go.jp/press/2019/01/24-1.html