地震や台風などの自然災害が多発する中、中低層建物に対する安全性の期待と要求が高度化

2019年1月24日、鹿島建設株式会社は、中低層建物向けに、コンパクトで低コストのTMD(Tuned Mass Damper)型制震装置「D3SKY-c」(以下、同制震装置)を開発したと発表した

地震や台風などの大規模な自然災害が多発している中、超高層のみならず中低層の建物に対する安全性への期待と要求はますます高度になっている。

しかしながら、市街地中心部や繁華街に位置する高さ30~60m程度の中低層建物は、敷地面積の制約から建物の間口が狭い建物が多く、既存の制震装置では、その大きさなどから設置場所が限定されるうえに、有効床面積が減少するなどの問題があった。

このような状況において、同社は、2013年7月に開発した超高層建物用の超大型制震装置TMD「D3SKY」(ディースカイ)に改良を加えて、中低層建物用の同制震装置を開発した。

なお、TMD型制震装置とは、建物に錘を付加的に設置し、地震によって建物が揺れた際に、錘が逆方向に揺れて建物の揺れを相殺して抑制する制震装置だ。

TMD「D3SKY-c」の特長

同制震装置のサイズは屋上床面積の1/4~1/3程度と省スペースで、建物重量の2~3%の錘1台で2方向の揺れを低減し、専用開発の高機能オイルダンパにより、風揺れから設計想定を超える大地震まで、様々な種類の揺れを効果的に制御する。

また、コンクリート製の錘は設備架台としても利用可能なため、設備計画との整合も容易で、屋上に設置するため、建物内部への影響がなく、既存建物の制震リニューアルにも極めて有効だ。

なお、電気等を使わないパッシブ型制震装置であり、屋外使用(全天候型)にも対応して、メンテナンスも目視点検程度で済む。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

鹿島 プレスリリース
https://www.kajima.co.jp/news/press/201901/24a1-j.htm