後続車無人システムを用いたトラック隊列走行に対応

2019年1月25日、三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)と、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下、あいおいニッセイ)は、後続車無人システムを用いたトラック隊列走行に対応した自動車保険(以下、同商品)を開発したと発表した。

物流業界では、物流量の増大等に伴うドライバー不足への対応や、経営効率の改善、安全性の向上、省エネルギー等の観点から、自動運転の活用に対する期待が高まっており、政府も、将来的な完全自動運転トラックの実用化を目指し、後続車無人システムを用いた公道における隊列走行などの実証実験を進めている。

しかしながら、トラック隊列走行では、電子連結技術を用いることと、後続車両が無人状態となることなどに伴い、従来にない特有のリスクが発生する課題がある。

新たに開発した自動車保険の概要

従来にない特有のリスクが発生する課題に対応して、同商品では、万が一の事故に備えるべく、「自動走行不能な場合の運転者派遣費用等」と「物損を伴わない道路通行不能損害」を新たに補償する。

これは、電子連結が途切れ、かつ、代替運転者が現場にいないために、無人の後続車両がその場で立往生した場合等を想定し、これを移動するための運転者を派遣する費用やレッカー費用等を補償するものだ。

また、電子連結が途切れ、後続車両が立往生や横転等が発生し、物損を伴わずに高速道路が通行不能となった場合、通行不能が発生した地点の道路管理者に生じる営業損害等を補償する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三井住友海上 ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2018/pdf/0125_1.pdf