鉄道旅行の満足度を向上させるサービスを創出

2019年1月25日、九州旅客鉄道株式会社(以下、JR九州)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「列車の窓」を新たな情報表示プラットフォームとして活用する新体感の列車内観光サービス(以下、同サービス)の実現に向けた協業協定を締結したと発表した。

同協定では、同サービスの提供以外にも、乗客自身のスマートフォンやタブレット端末と連携し、列車降車時から目的地までの観光ガイドを提供するほか、多言語に対応することで、より乗客へ寄り添う観光ガイドサービスへと進化させる方向性を検討していくとしている。

新体感の列車内観光サービスの概要

同サービスは、乗客の鉄道旅行の満足度を向上させるサービスの創出をめざしたもので、AR(拡張現実)技術などにより、風景に合わせた観光情報を車窓へリアルタイムに表示し、タッチや声などの操作で必要な情報をインタラクティブに提供するものだ。

また、同サービスを検証するため、2019年春より、肥薩線人吉駅~吉松駅区間を走行するD&S(デザイン&ストーリー)列車「いさぶろう・しんぺい」の車内で実証実験を行い、乗客に貸し出すタブレット端末に、位置情報に応じて車窓から見える景色や目的地の見どころ、地域の特産品などを紹介する観光情報やARコンテンツを表示する。

D&S列車とは、JR九州が運行する観光列車で、単なる移動手段ではなく、乗ること自体が目的となるような列車として個性溢れる洗練されたルックスやインテリア、ユニークな仕掛けを備えている。

さらに、実証実験期間中は、列車を利用した乗客にアンケートを行うことで、より効果的な観光ガイドの方法を検討していく。

なお、JR九州は、蓄積している沿線観光情報を提供するとともに実験機会を提供し、ドコモは、列車の位置情報に応じて的確な観光情報を提供する機能に、AR/VR(仮想現実)/MR(複合現実)などの最新技術を組み合わせ、位置情報を活用した技術検討については、株式会社ゼンリンデータコムと共同で実施している。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

JR九州 ニュースリリース
http://www.jrkyushu.co.jp/