慢性化する人手不足で、さまざまな重要ドキュメントの審査プロセスも効率化の課題

2019年1月28日、NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下、NTT-AT)は、自然言語処理技術と機械学習(AI)技術を活用し、企業や自治体において、契約書・マニュアル・仕様書や稟議書などの各種ドキュメント類の自動審査を可能とする「自動ドキュメント審査システム」(以下、同システム)のプロトタイプを開発し、トライアルを開始したと発表した。

慢性化する人手不足により、バックヤード業務の効率化は深刻な経営課題となっており、社内で発生するさまざまな重要ドキュメントの審査プロセスも効率化を迫られている。

NTT-AT自身も、多くのSI受託業務を行い、受注時の契約書審査プロセスに多くの手間と時間を費やしているため、契約書審査プロセスの短縮や業務負荷軽減の実現に向けた取り組みとして、AIを利用した同システムを開発するに至った。

審査プロセス支援システムの概要

同システムは、ドキュメントをアップロードするだけで、予め設定した審査ポリシー(判断基準)に従い、契約書文をチェックし、審査ポリシーにそぐわない箇所の指摘が可能であり、指摘した箇所に対して、審査ポリシーにそくした文をサジェストするとともに、過去の類似契約書文を自動的に検索できる。

また、AIを活用しているため、文章の構成や表現に依存せず、分析とポリシー審査が可能であり、法改正に伴うポリシー変更等が求められる場合でも柔軟に対応できるうえに、自社の事情や業界の慣習を考慮した判断規準を設定できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NTTアドバンステクノロジ ニュースリリース
https://www.ntt-at.co.jp/