新エネルギー革命によって持続可能な社会基盤の実現へ

2019年1月28日、三菱地所株式会社(以下、三菱地所)は、クリーンなエネルギー社会の実現を目指し、新水素エネルギーを研究開発する株式会社クリーンプラネット(以下、クリーンプラネット)が2019年1月25日付で実施した第三者割当増資(以下、同増資)を引き受けたと発表した。

三菱地所は、「ESG(環境、社会、ガバナンス)先進企業としての地位確立、ステークホルダーとの共生と企業価値の向上」を中期経営計画の目標に設定し、「省エネ性能の高い建物の開発運営」や「地域冷暖房事業などによる低炭素な街づくり」など、SDGs(Sustainable Development Goals)の取り組みを推進してきた。

三菱地所は、これまでの取り組みに加え、三菱地所グループのCO2排出量削減の達成を目指す上で、クリーンプラネットが研究開発を進めている安価で環境負荷の少ない新水素エネルギー技術は非常に可能性がある技術だと考え、同増資を引き受けることとなった。

「クリーンプラネット」の概要

クリーンプラネットは、2012年9月の設立で、資本金4億5660万円(ほか、資本準備金3億5110万円)、従業員数5名のベンチャー企業で、「安全、安定、安価」でクリーンな新エネルギーの開発研究に取り組んでいる。

また、2015年には、国立大学法人東北大学とともに同大学電子光理学研究センター内の「凝縮系核反応研究部門」を設立し、電力コストを現在の1/10とすることを目指して、水素単位当たりのエネルギー出力が従来より膨大な「新水素エネルギー」の開発と実用化に取り組んでいる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱地所 ニュースリリース
http://www.mec.co.jp/