住友商事グループ全体のデジタルトランスフォーメーションを促進

2019年01月28日、住友商事株式会社(以下、住友商事)は、AI関連製品・サービスを開発・提供する株式会社シナモン(以下、シナモン社)に出資したと発表した。

住友商事は、「中期経営計画2020」において、既存ビジネスを拡充するとともに、プラットフォーム事業の活用と住友商事グループ全体のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を推進し、次世代の新たな収益の柱となるビジネスの創出を目指している。

また、将来のメガトレンドを見据えた上で、強みを活かせる分野として、「テクノロジー×イノベーション」・「ヘルスケア」・「社会インフラ」の3つを成長分野に特定し、積極的に経営資源を投入するとしている。

シナモン社の概要

シナモン社は、従来認識が困難だった手書き文字を含む文書や非定型書類等を、高精度に理解し、データベースに取り込めるデータへの変換や整理が可能なシステム「Flax Scanner」を主力製品として、オフィス業務の生産性向上を実現するAI関連製品の開発を手掛けている。

また、ベトナムに保有する開発拠点のAIラボを通じて年間数十人規模のエンジニアを採用する仕組みを構築しており、製品開発力に強みがある。

住友商事は、シナモン社との協業やシナモン社製品の活用を通じ、住友商事グループ全体のDXを促進していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

住友商事 ニュースリリース
https://www.sumitomocorp.com/