2次交通を利用した周遊促進が、交通事業者含めた地元経済にとっての課題

2019年1月31日、東京急行電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社および株式会社ジェイアール東日本企画は、2次交通統合型サービス「観光型MaaS」(以下、同サービス)の実証実験を、伊豆エリアにて開始すると発表した。

伊豆エリアは、鉄道5路線(JR東日本、JR東海、伊豆急行、伊豆箱根鉄道)、バス390系統(東海自動車グループ、伊豆箱根バスグループ)、タクシー数社・約250台(伊豆急東海タクシー、伊豆箱根タクシー等)がありながら、来訪手段は「8割が車」という現状で、交通事業者含めた地元経済にとって、2次交通を利用した周遊促進が課題となっている。

このような状況に対応して、国内外観光客が鉄道、バス、AI オンデマンド乗合交通、レンタサイクルなどの交通機関を、スマートフォンで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる同サービス実証実験の詳細が決定した。

同サービスにより、点在する伊豆エリアの周遊が促進され地域が活性化ことが期待される。

「観光型MaaS」実証実験の概要

同実証実験の期間は、Phase1が2019年4月1日~6月30日(「静岡デスティネーションキャンペーン」と同期間)、Phase2が2019年9月1日~11月30日の、計6カ月間となり、東伊豆および中伊豆エリアで展開する。

同実証実験では、専用アプリ「Izuko」を利用することで、伊豆急線全線(伊東-伊豆急下田)、伊豆箱根鉄道駿豆線全線(三島-修善寺)や展開エリア内を運行する伊豆箱根バスと東海バスを検索し、AIオンデマンド乗合交通、レンタサイクルやレンタカー(リンク連携)を予約でき、デジタルフリーパス2種類と小室山観光リフト、下田港内めぐり、下田海中水族館など5施設の入場券を決済できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京急行電鉄 ニュースリリース
https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20190131-1.pdf