日本が未来を創るイノベーションで世界をリードするための協創の拠点

2019年2月1日、三菱地所株式会社(以下、三菱地所)とSAPジャパン株式会社(以下、SAPジャパン)は、オープンイノベーションのためのコラボラティブスペース「Inspired.Lab」(以下、同拠点)を、「大手町ビル」(東京都千代田区大手町1-6-1)にオープンしたと発表した。

AI、ロボティクス、ゲノム、ライフサイエンスなどの分野において、新たなサービスが数多く誕生し、急速な成長が期待されているなか、日本が未来を創るイノベーションで世界をリードするために、協創の拠点が求められている。

このような状況において、三菱地所とSAPジャパンは、社会課題を解決する新規ビジネスの創出を目的とした同拠点において、大企業におけるイノベーション部門の「出島」や「特区」として、企業の枠を超えた場を提供し、大企業とスタートアップのコラボレーションを生み出し、より変革が加速していくエコシステムを構築していくとしている。

「Inspired.Lab」の概要

同拠点では、SAPジャパンが発足した「Business Innovators Network」に参画する様々なステークホルダーを巻き込んで、目的あるイノベーションの早期実現を推進するとともに、生み出したアイディアは「工房」で実際にカタチにしプロトタイプを作成し、顧客やユーザーにテストを行い試行錯誤しながら新たな製品やサービスの開発に繋げる。

さらに、三菱地所は、スタートアップ支援プログラム「FoundX」を通して東京大学とも連携しており、アカデミアの面からも同拠点におけるイノベーション創出を加速させ、SAPジャパンは、スタートアップが、データ、API、顧客関係などのSAP独自の資産を活用できるように支援するプログラム「SAP.iO Foundry Tokyo」を展開する。

また、これまでは、自社の関連施設や工場で行われることの多かった実証実験を、東京・大手町の実際のオフィス空間を利用して、アイディアが生まれたその場で行い、将来的には丸の内エリア全体を実証実験の場として利用する。

実証実験の第1弾として、WHILL株式会社と三菱電機株式会社は「パーソナルモビリティ自動運転システム」の実証実験をスタートした。今回の実証実験では、自動運転機能を持つ「WHILL 自動運転システム」を用いたパーソナルモビリティと、建物のIoTによる連携を行う。

また、パナソニック株式会社と株式会社Liquidは「無人販売ショーケース」の実証実験をスタートした。パナソニックは、既存の冷蔵ショーケース製品と無線識別技術を活用し、Liquidのコア技術である「生体情報のインデックス化」と「深層学習による高速検索」とを組み合わせることで、安心安全で利便性の高い手ぶら決済を低コストで実現する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱地所 ニュースリリース
http://www.mec.co.jp/