各種事業者のキャッシュレスサービス導入を支援

2019年2月4日、大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、株式会社ジェーシービー(以下、JCB)と連携し、簡易な接続によりQR/バーコード決済サービスを実現できる、モバイルQR/バーコード決済基盤(以下、同決済基盤)の開発に着手したと発表した。

DNPは、スマートフォンによる各種決済を1つのアプリで管理できる「DNPモバイルWallet(ウォレット)サービス」を2012年から提供し、2019年1月には、各種キャッシュレス関連サービスを連携させて、カード発行会社や加盟店のキャッシュレス対応をトータルに支援する「キャッシュレスプラットフォーム」を開始した。

一方、JCBはQR/バーコード決済の標準化を推進しており、今回の連携により、両社は各種事業者のキャッシュレスサービス導入を支援するとしている。

モバイルQR/バーコード決済基盤の特長

金融機関・流通・小売業などの各企業は、同決済基盤にAPI接続することで、各社のスマートフォンアプリにQR/バーコード決済機能(以下、同機能)を簡単に実装できる。

同機能は、スマートフォン上のアプリに、一般社団法人キャッシュレス推進協議会公表の「コード決済に関する統一技術仕様ガイドラインCPM(Consumer-Presented Mode)」に準拠したQR/バーコードを発行し、プリペイドカード、クレジットカード、デビットカード等、幅広い決済手段に紐づけたQR/バーコード決済を行えるようにする。

また、QR/バーコード決済によるバリュー残高管理サーバーと連携したプリペイドカードの即時発行や、銀行口座からの自動引き落としによる、プリペイドカードへのチャージ(入金)が可能になる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1190878_1587.html