実店舗における自社商品の販売促進プロモーションを、スマートフォンサイト上で行う

2019年2月4日、楽天株式会社は、成果報酬型広告サービス「Rakuten Pasha(ラクテンパシャ)」(以下、同サービス)の提供を開始したと発表した。

実店舗におけるマーケティングでは、物理的な制約や実施までのリードタイムなどの問題により、セグメントを絞った施策を導入することや、購買ユーザーの属性を理解する上で課題があった。

このような課題に対応して、同サービスでは、メーカーなどの各企業が、自社商品の販売促進を目的として、実店舗において行うプロモーションを、スマートフォンサイト上で行うことが可能になる。

成果報酬型広告サービス「Rakuten Pasha(ラクテンパシャ)」の特長

同サービスでは、簡単な設定でクーポン形式の広告配信から効果検証までを実行できるため、商品の販売促進に必要なマーケティング施策を、短期間かつ手軽にできる。

また、購入ごとにポイントを付与し、売り上げに連動した費用負担のみで手軽にO2O(Online to Offline)のポイントマーケティングを導入することが可能となる。

さらに、楽天IDに基づいた属性等により、購買したユーザーのデータを分析することで、より高い精度で次回以降のマーケティング施策の見直しにつなげられるため、新商品の販売開始だけでなく、定番商品の再購買促進など、幅広いマーケティング活動に活用できる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

楽天 プレスリリース
https://corp.rakuten.co.jp/