熟練技術者による燃料運用のスケジューリング作業を自動化

2019年2月5日、関西電力株式会社(以下、関西電力)と株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は、石炭火力発電所の燃料運用最適化を行うAIソリューション(以下、同ソリューション)を共同開発し、外販ビジネスに向けて協業を進めることに関して、基本合意したと発表した。

石炭火力発電所では、輸送船から受け入れた石炭をサイロで一旦貯蔵した後、ボイラで燃焼しているが、石炭の種類によって混載や混焼ができない等の制約があるため、熟練技術者が長年の経験やノウハウに基づいて、複数のサイロ、ボイラを運用するスケジュールを作成し、状況変化に応じて見直しながら運用している。

このような状況において、両社は、熟練技術者による燃料運用スケジューリング作業の自動化を目指し、同ソリューションを共同開発することとなった。

AIソリューションの概要

関西電力は、火力発電所の遠隔監視サービスやデジタルツイン開発など、最新のAI・IoT等のデジタル技術と発電設備の運用ノウハウ・技術知見を融合した新たなサービス・製品の開発に取組んでいる。

一方、DeNAは、主力のゲーム事業に加え、ヘルスケア、オートモーティブ等、多種多様な事業を展開している。

今回の基本合意にもとづき、DeNAは、関西電力が設定した課題や運用条件に基づいて、一般的にゲームAIに用いられる膨大な組合せの中から、最適なものを探索する技術を導入してアルゴリズム(以下、同アルゴリズム)を構築した。

同アルゴリズムは、短時間でスケジュールを自動作成し、経験の浅い技術者でも容易に扱うことができる燃料運用最適化システムで、従来よりも複雑で細かなスケジュールを作成でき、様々な運用条件でのスケジュールを短時間で比較検討できると見込まれている。

また、原材料受け入れから製品生産までのプロセスを持つ幅広い分野でスケジューリングへの適用が期待できるため、2020年代前半を目標に関西電力が提供する「K-VaCS(ケイバックス)」のサービスの一つとして、他社への展開・導入を両社共同で進めていくとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

関西電力 プレスリリース
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/0205_1j.html