多品種少量生産を行う生産現場においては、生産準備作業のノウハウをもつ熟練技術者が不足

2019年2月5日、三菱電機株式会社(以下、三菱電機)と国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下、産総研)は、工場での生産前に必要となる、FA(ファクトリーオートメーション)機器の調整やプログラミングなどの生産準備作業を大幅に効率化するAI技術(以下、同技術)を開発したと発表した。

多品種少量生産を行う生産現場においては、FA機器やシステムの調整、あるいはプログラミングなど、生産準備作業の工数が多いが、これらの作業には独自のノウハウをもつ熟練技術者が必要で、その不足が課題となっている。

このような状況において、幅広いFA機器やシステムに強みをもつ三菱電機の技術と、産総研のAI技術を融合し、生産準備作業を効率化する同技術の開発に取り組んだ。

生産準備作業を大幅に効率化するAI技術の概要

サーボシステムの位置決め制御において、それぞれに合わせた最適な駆動速度や加速度を設定するパラメーターを、熟練技術者でも調整が困難な8種類720個に拡張してきめ細かな制御が可能なAIを活用して自動調整するシステムを構成し、従来は熟練技術者が1週間かかっていた調整を1日で完了させ、さらに、位置決め時間を最大20%短縮できた。

また、レーザー加工機を用いた板金切断加工において、三菱電機のレーザー加工に関するノウハウと産総研の画像認識向け機械学習技術を融合し、加工面の画像から加工品質を熟練技術者と同等レベルで自動的に判定する技術を開発した。

さらに、産業用ロボットでは、構築するシステムごとに異なる異常状態をあらかじめ想定し、異常が発生した場合に正常動作へ復帰させるための異常処理プログラムが必要であるが、力覚制御技術に関する三菱電機の知見と、産総研の有するデータ分析向け機械学習技術を融合し、ロボットの動作時に得られる力覚センサーの出力から異常発生状況を学習させる技術を開発した。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱電機 ニュースリリース
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/0205-a.pdf