住民を見守り、安全・安心なまちづくり

2019年2月5日、沖電気工業株式会社(以下、OKI)、関西電力株式会社(以下、関西電力)および株式会社日本総合研究所(以下、日本総研)は、兵庫県神戸市北区において、屋外カメラ映像とAIを活用した自動走行車両の運転支援および地域の見守りに関する実証実験(以下、同実証実験)を開始すると発表した。

同実証実験は、日本総研が主催する「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」(以下、同コンソーシアム)の活動の一環として実施する

同コンソーシアムは、住宅地などの限定地域内において、自動運転技術を活用して高齢者などの近隣移動をサポートするサービスの事業構想を策定することを目的に設立され、まちなか自動移動サービスを早期実現するために必要な車両、システムの仕様および事業仮説などを検討している。

なお、まちなか自動移動サービスは、住宅地内の店舗や公共施設、病院、バス停等までの近隣移動サービスで、店舗への販促支援や住民への情報配信など、付加価値サービスの提供も検討している。

実証実験の概要

同実証実験は、同市北区筑紫が丘・広陵町・小倉台・桜森町において、2019年2月6日~2019年2月28日に実施する予定で、交差点にある関西電力の電柱に設置したカメラの映像を、OKIがディープラーニングなどのAI技術によって解析し、自動走行車両の通行を阻害する動態物(車両など)の位置、進行方向や速度等を検出する。

さらに、動態物が交差点へ到達する時刻を予測し、その情報を自動走行車両に伝達し、自動走行車両の安全でスムーズな走行に向けた技術的実証と課題抽出を行う。

また、関西電力は、自動走行用に撮影している映像をAI技術によって解析し、人物を検出して骨格の動きを把握し、路上でのうずくまりや転倒などを検知することで、住民を見守り、安全・安心なまちづくりを実現する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

沖電気工業 プレスリリース
https://www.oki.com/jp/press/2019/02/z18087.html