自宅外での商品受取を促進し、EC物流における不在再配達を削減

2019年2月5日、楽天株式会社は、同社が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」において、日本郵便株式会社と連携して提供する「郵便局・はこぽす受取サービス」(以下、同サービス)を利用したユーザーを対象に、「楽天スーパーポイント」(以下、楽天ポイント)を付与する「郵便局・はこぽす受取の利用でポイントプレゼントプログラム」(以下、同プログラム)を、2月8日(金)より提供開始すると発表した。

同社は、「楽天市場」における包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げ、EC物流の健全化に取り組んでおり、商品の配送・受取方法の多様化によって配送の効率を改善するとともに、ポイントをユーザーに還元する仕組みを構築することで、不在再配達削減を推進するとしている。

同プログラムでは、同サービスを利用したユーザーを対象に、1回の利用につき「楽天ポイント」50ポイントを付与するもので、同サービスの利用を促進し、EC物流における不在再配達削減を図る。

「郵便局・はこぽす受取サービス」の概要

同サービスは、「楽天市場」で購入した商品を、全国約2万局の郵便局や日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」で受け取ることのできるサービスだ。

ユーザーは「楽天市場」で対象商品を購入し、届け先として希望する郵便局および「はこぽす」を選択し受取場所を指定することで、商品到着後に「楽天市場」からメールを受け、指定した場所で商品を受け取ることができる。

なお、頒布会商品・定期便商品・冷蔵・冷凍商品・ゆうパック約款で定める指定商品は対象外で、あす楽・日時指定・メール便・代金引換・ゆうパケットなどのサービスも対象外となる。また、受取可能期間は、商品到着後3日間までだ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

楽天 ニュースリリース
https://corp.rakuten.co.jp/