事故の責任割合判断につながる情報を正確に分析するには、専門の知識・技術と、多大な時間が必要

2019年2月8日、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(以下、損保ジャパン日本興亜)とジェネクスト株式会社(以下、ジェネクスト)は、ドライブレコーダーで撮影・取得された衝突時の映像とGPS位置情報から自動車交通事故状況を正確に分析し、事故の責任割合を自動算定するシステムを共同開発することに合意したと発表した。

ドライブレコーダーで撮影された交通事故発生時の映像から、事故原因を究明し、責任割合を判断するために、衝突した車両の速度や相対的な距離などの情報を正確に分析するのに、専門の知識・技術と、多大な時間を要している。

このような状況の中、両社は、迅速な事故解決を可能にするため、デジタル技術によってドライブレコーダーの映像を効率的に自動分析するシステムの開発に着手した。

ドライブレコーダー映像分析の概要

ジェネクストは、ドライブレコーダーの広角レンズで撮影され、ゆがみが生じている映像からでも正確な速度・相対的な距離・位置情報を分析できる特許技術を保有しており、映像の車両挙動・道路形態を認識し判定する人工知能(AI)技術を組み合わせることで、事故に至る車両の動きや道路状況など、多岐に渡る情報を正確に読み取ることができる。

さらに、読み取った情報と損保ジャパン日本興亜が蓄積してきた事故に関する知見などをもとに、確度の高い責任割合の判定を自動かつ迅速に行うことが可能になる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

損害保険ジャパン日本興亜 ニュースリリース
https://www.sjnk.co.jp/